雑貨好きの血? お小遣いの使い方。

d0091275_107257.jpgハツが初めて「お年玉」を使って自分の意思で買い物したモノです。
今までお年玉はみんな銀行口座行きになっていましたが、一年生にもなり、そろそろお金を使う経験をさせてもいいかなあと思い始めました。
じじばばからいただいた万を越える額のお年玉のなかから、1000円だけ渡し、あとは大事に預金しようね、ということにしました。
このごろ、100円が10個あると千円だ!とか、そういうことが分かり始めたようです。

母としては「きっと、ラブベリの文房具だの、好きな本だの買うんだろうな〜」という想像だったのですが、結果はこの写真の小物入れ(ピアスなどをいれておくような小さな物です)1050円なり。おまけに、お店のおじさんと仲良くなり!50円まけてもらうという芸当を・・・・。
ちょっとビックリしました。選んだ物に。これなら長く好きでいられるかも・・・。と思うようなかわいい物だったので(わたしだってもらったら嬉しいような)思わず「あんたなかなかセンスあるね」と褒めてしまいました。

でも、想像。
また買い物に出る機会に、街で、お店で、「あ〜あの千円があれば・・・」という思いをこれから何度となく経験することでしょう。
そして一度に使ってしまったことも後悔するかもしれません。
それも勉強なのだよ。ハツ。勉強代なのだよ。フフフ。

ちなみにお小遣いは来月からスタート。そろそろ算数で「100までの数」をやるし(笑)。
いままで「ラブベリ月一回」がお小遣い代わりみたいな感じだったのは、廃止して。
お小遣いは、「学年+100円」。
そんな風に決めてみようかなと思っているところ。

いまのハツは200円もらえるので、ラブベリなどとゲームがやりたければ、2回やっても良いし、全くやらないかもしれないし、1回はやってあとの100円は違うことに使っても良いしためておいてもいいんじゃない?ためれば高い物を買えるよ。ということで、自分で考えさせようと思います。時には失敗して後悔しながら、上手にお金をつかえるようになってほしいものです。

なんせ、大人になっても衝動買いで後悔することの多い母ですから・・・。

後日談。続編→お小遣い つづき
[PR]
by karatmhy | 2007-01-10 10:07 | MY CHILDREN
<< 風邪ユノのお言葉。 スウェーデンハウスのお宅に >>